「輝く瞳、新鮮な気持ちでスタート」  

 新学期が始まり、一ヶ月が過ぎました。この一ヶ月、こどもたちは新しい学年として活躍する姿をたくさん見せてくれています。
 今年度は、新1年生119名、転入児童46名が加わり、全校児童687名、22学級でスタートしました。
 さて、この度、長い工事期間を経て増築校舎が完成しました。小さな校庭と屋上付きの5階建てで、1階は亀戸こども家庭支援センター、2階は江東きっずクラブと図工室、3~5階、校庭と屋上は小学校で使用します。3月には、江東区教育委員会の学校施設課の職員による特別授業を行いました。内容は、増築棟を建設した理由、完成までの様子についてです。その後、卒業前の6年生代表児童にテープカットを行ってもらいました。いよいよこの4月から使用していきます。この新しい校舎に一層親しみがもてるよう、増築棟を「こがめ棟」、既存の校舎を「おやがめ棟」と名付けました。今年度は、学級の教室としては使用しませんが、有効に活用していきたいと思っています。
「すべてはこどもたちのために」この理念のもと、今年度も、こどもたちにとって「毎日笑顔で過ごすことができる学校」、保護者の皆様にとって「安心してこどもを任せられる学校」、地域の皆様にとって「こどもたちとの交流を通し、共に歩む学校」を目指します。そして、こどもたちが成長することに喜びを感じ、誇りをもって職務を遂行するプロの教職員集団として努力していきます。学校に関わる全ての人の「笑顔が輝く二亀小」でありたいと思います。
 新型コロナウイルス感染症への対応が続いており、保護者の皆様にはご心配をおかけしております。自宅待機、オンライン学習等でご協力をいただき、誠にありがとうございます。引き続き、感染症予防対策を徹底し、工夫して教育活動を行い、こどもたちの成長に力を尽くしていきます。

更新日:2022年05月10日 12:07:42